大迫傑 戦いを終え、次へ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リオ五輪での戦いを終えた大迫選手。現地時間8月14日に行われた男子10000m、決勝では27分51秒94で17位。17日に行われた5000m予選は13分31秒45の28位でいずれも敗退した。2種を終えた大迫は、試合後のインタビューで「レースひとつひとつが僕の経験になっている。それを活かして、課題を見つけて、次に向かっていきたい」と悔しそうに答えた。それから2ヶ月後、リオ大会を振り返ってもらった。大迫選手はいつも通りクールで、普段の大会とさほど変化はなかったという。

via: http://mag.onyourmark.jp/2016/11/suguru_osako/98397

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする